FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドがしたい!!!

2014.06.02 01:33|日記
えー、これはまったく革細工とは関係ありません。
私の心の叫びと解説です。
動画のハメコミも覚えたので、思いついて書き始めることにしました。
音楽動画が結構使われますが、激しいのがお嫌いな方はあまり聴かない方がいいかもしれません。
あと、長いので続きものです。
ちなみにブログのテンプレートは、動画のサイズに合わないし、もうそろそろ衣替えなので変更しました^^

ここ2、3年の間ですが、私はとても、バンドがしたい!!!

最近はその思いが本当に強くなりました。
近頃聞いている音楽がとても楽しそうで、カッコよくて、心をえぐります。

あ、どんなジャンルですかって?
決まってるじゃないですか〜。ジャンルとかどれがどの境かもあまり分からないのですが、とりあえず皆様に分かりやすく一言で表現すると、

パンク

です。
いやいや、趣味程度の話です。ただ、ドラムもしてみたいし、ベースもギターも弾いてみたい。頭をガンガンに振りまくって、ノドが破れんばかりに叫びたい!シャウトしたい!ってなぐらいですよ。
時間ができたらしたい、というのはもう逃げ口上に聞こえてくるようになりましたが、いや、本当に時間があればしたい(笑)

そもそも私はパンクとかこういう、シャウトしそうな感じの音楽は苦手だったんですよ。音もよくわからないし、歌詞もけっこうブラックだと思っていたのですが、いやいや、歳を重ねるとかわるものですね。これがとても耳に心地よい^^

何故好きになったかというと、まあこれにも理由があるんですよ。どんな時でもそうだと思いますが、きっかけは本当にささいなことです。
何年か前にこんなCMあったの覚えてますか?



そう、始まりはこれなんですよ。このCMを見て、音楽を聴いたとき、体全体がが高揚感であふれたのを覚えています。
このCMのことを職場の仲の良い後輩に聞いてみると、

『ああ、あれっすか。カッコいいですよね!あのバンドは”マキシマムザホルモン”ですよ』

と答えが返ってきました。
取りあえずあのバックミュージックのバンドだけでも知りたかったので、これは助かりました。
そして帰宅して早速動画を探してみて、一番最初に開いた曲がこれでした。



・・・え?なにこれ?

と思いました。正直期待していたものとまったく違いました。バンド名のイメージともまったく違うし、一分とたたずに停止しました。ここで、私の運がなかったら今でも私はパンク系の音楽を聴いてないでしょう。

この曲、というか動画には秘密があります。
実はこの曲、バンドの意向?でワザとポップな風に作ってあるのです。1分45秒あたりから様相が変わってきます。実際、ファンの方々もだまされたようで、パンチの効いたジョークですよね^^

結局、なんの偶然かもう一度この動画をなんとなしにひらいたのが3ヶ月くらいあとです。どういう理由でかは覚えておりませんが、これは本当に、私の強運がなしたものだと思います。
普段運悪いくせに、大事なところで強いんですよ。だから運に助けられないように己の力で頑張ろうとするんですが、そう問屋がおろしてくれたことはないで(笑)

閑話休題。
そうです。後半からまったく違う様相をみせたこの曲。
『カッケーーーー!!!』
と、胸の中でドラムとビートを刻んでいるかのような、ドン!ドン!と強く叩かれるような高揚感でで充満しました。

そんなこんなで私はこのマキシマムザホルモンに一瞬で心を奪われたのです。
それがパンク(いや、ジャンルは他にも言い方があるのでしょうが、詳しくないですし、わかりやすくこう表現します。)にはまっていく道の始まりでした。

つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。