FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイソンカチューシャ

2014.05.26 03:16|小物

DSC06015.jpg

革:ダイヤモンドパイソン
芯:金属

これは去年同僚の女性から注文された作品です。ヘビとカエルが好きな方で、ヘビのカチューシャはできるかと聞かれ、「たぶん。。。」と。

ちなみに、
県外の大学の頃に一目惚れした年上の人。。。でもシャイな私は話せないまま卒業。。。半年後、地元のこの会社で再会。。。!?ってな人です^^まさか同じ地元とは。。。

銀粘土で奇麗なアクセサリーを作れる人で、注文を受けたとき正直、
(たぶん自分で作った方がいいような。。。)
とか思ったとか思わなかったとか(笑)

自分でなにか作っている人に、作品を見せるのは胃が痛いです。。。
ダメ出しが無いと技術は上がらないので、言ってもらえるのは助かるのですが、分かっているんですが、分かっていてもドキドキですよ^^;

いやあ、しかし出来るもんですね。この写真の分は簡単な形の金属芯なので問題なかったのですが、この完成品の前に作った物はダイソーで売っているカチューシャを覆ったものでした。
最初にお客様からお渡しされたのがこのダイソーのカチューシャでして、他にないものかと探してみても良いのがなく、始めはこのプラスチック芯になりました。外線は曲線でとても型紙が作りにくい。。。

ただ、もう一度作り直すことになって、その時にしっかりした金属芯を販売しているとこはないかと探したところ、一店みつけました。これは本当に助かりました^^

お渡しして、着けたとこ見せてもらいました。「やはり」似合ってました(笑)かっこいいですね♪
嬉しそうな顔を拝見でき、感無量です^^

いやあ、なんだかんだでうまくいって良かったです。
ヘビの革はウロコがあるので曲げたりするのが難しいんですよ。革を折り返した時にウロコが曲線にそって曲がってくれるわけではないので、オイルをちょっと多めに塗って、何日後かにまた塗って、と対処してます。

芯金は10枚セットだったのでまた違うのを作りますよ!!
問題は、とてもカチューシャの値段ではないこと。。。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。