FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティングレイバッグ

2014.05.04 16:19|

DSC05949.jpg
DSC05971.jpg
P5021980.jpg
P5021978.jpg
DSC05987.jpg
DSC05963.jpg
DSC05977.jpg
DSC05983.jpg
P5021970.jpg

革:ソフトな牛・スティングレイブルー
寸法:横30×縦27(確か。。。)×10cm

久々の大物です。
今までこれほどまでに曲線を取り入れた立体構造の鞄は初めてです。
色々と小細工も使ってますが、手間がかかったのはやはり地味なところでした。ファスナー部分の革を本体につけるところと、最後の仕上げの底をくっつけるところです。
ほぼ初めての試みであってかこの2ヵ所だけで5時間かかりました。イライラがつのって何度となく奇声を発したところです(笑)

お客様のご要望としまして、エイをできるだけ大きく使ってソフトで軽いものということでした。
ですが、エイを使うとエイの柔軟性と塗装の問題でそれほど柔らかくは使えません。となると薄い革は使えないので軽くはならない。どちらをとるか迷ったのですが、デザイン重視というご要望もあったので、柔軟性と軽さは次点としました。

デザインを考えるにあたっても色々なことを考えました。それこそランニングでも何回も何回も。
エイを大きく使うとデザインの幅がせばまってきます。すると、そこらで見かけるタイプの鞄になってしまう。スティングレイの鞄自体がそうそうあるものではないのでお客様も満足するかもしれませんが、作り手から見ると
「やっぱりそうしかないよね。比較的スタンダードな作りしか。。。」
ということになりますので、それでは意味がないと思い、思考に思考を重ねできあがったのがこの鞄です。

熟考している中でまず最初に思い浮かんだのが、ファスナー部分を曲線にすること。
次に決まったのは底の形。当初はトートバッグのようにしようかと思っていたのですが、上が曲線だとデザイン的に映えるのはこのタイプ。バケツ型は今まで作ったことがないので気分も余計にのりました。
そして、この形でエイを映えるようにするには表にポケットをつけた方がいいということになる。

しかし、このポケット、裏はともかく表の部分はファスナーかボタンで止める必要があります。
そう考えている中ですぐに浮かんだのがこの手帳
この手帳の留め部分を使おうと思いました。この止め部分はお客様のアイデアで、表革と裏革のあいだにスナップ?を入れるタイプ。簡単に思えるかもしれませんが、とても難しい構造です。数学が好きで図形は特に大好きな私ですが、これは構造を空想で考えるのも図にするのも難しかったのをいまでも覚えてます^^;

これで大体全体像は出来たのでいざ製作に入ったのですが、思っていたよりも時間がかかりました。思っている時間よりもかなりかかるだろうとは思っていましたが(笑)
最後にファスナーの取っ手にも少々凝ったものを付けました。このタイプは先月出店中に思い浮かんだものですので、この鞄の製作が3月までだとこれは付けれませんでした。常々、取っ手の部分も従来のものと違うものを考えていたので良い物ができたと思っています。
ちなみにこのタイプは長さ次第でブレスレットにもなります。私のオリジナルレザーブレスレットもずーーーーーっと考えていたので、やっと出来上がって嬉しい限りです^^

すべて出来上がった時の満足感ったらないですね♪これはイイ!と思い、ところどころをもう少し手間を省いたバージョンを何個か作ろうと思っています。といっても、お値段は少々張りますが。。。^^;

いやあ、革細工が長くなるほどにおもうのですが、お客様のアイデアってとても助かります。今回も手帳のアイデアがあったからできあがったものですし、またこの鞄を作った知識・技術が他の御注文に生かされる日がくると考えると、まるで一族の家系図を思い出しなんとも感慨深いものです。

生物にも物にも一長一短があります。ですのでその特性上絶対に出来ないものもあります。ちなみに私は完璧でないものだから美しいと思います♪
絶対出来ないと言っても、もしかしたら「今は」絶対出来ないことかもしれません。
出来る限りご希望に沿うような物を作る思考と勉強は惜しみません。
作るのは無理そうなアイデア、あればお聞かせください^^

追記
価格と重さ(もしくは厚さ)はどうにもできにくい部分ですm(__)m
スポンサーサイト

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。