10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長財布

2013.01.12 00:31|財布

DSC01223.jpg

寸法:20×約10×厚さ2~4cm
革:山羊 
糸:麻糸 ベージュ

私が社会人になってから、気が合ってなにかと仲良くしてもらっている先輩からの注文です。
財布の買い替えですね。本人は元々ピンクは好きでないとのことですが、占いでラッキーカラーと言われてから気にするようになったそうです(笑)
私の工房には桃色系の革は二つありました。両方とも山羊革なのは偶然なのですが、一つは結構前に伊藤登商店さんのオークションで購入したもの。もう一つも同じお店で最近購入したもの。
このオークションは、伊藤さんの定番に無い商品が出ているので、見逃せません。他では売ってないような色や仕上げの革の、結構良いものがあるんです。しかも運よければ安く購入できるし^^まあ、ここで手に入った革で作ったものは、本当に二度と作れない可能性がかなり高いです。もう二度と売り出してないことも結構あるので。。。

そんな中私はこのもう一つの桃色の山羊革に価値を見いだし、購入していました。それが今回の財布に使うことになった山羊革。ワイルドな感じで、肌触りも良く、色も本当に申し分無い絶妙な桃色。これはオーダーに使わず、自分の秘蔵にしておこうと思っていた革です。
そ、それが、、、あろうことか間違えてこの革の切れ端をサンプル袋の中に入れてしまっていて。それをサンプル袋ごと渡したら、この先輩見つけちゃいました。。。
まあ、色々お世話になっているので泣く泣くこれを使用することにしました(ノω・、)この革は、この財布を作るだけで全て、あとはハギレとなりました ヨチヨチ(( (っ´ω`)ノ(pωq)

いやあ、本当、良い革です。正直、作っているときも出来上がっても、それほどいいとは思わなかったのですが、この財布に中身を入れてみると。。。これが本当に良いんです!何が良いって、肌触りですよ。感触ですよ。
私はシットリ系が好きなんですが、この山羊の柔らかいくせに硬い感触の表面の、中身を入れたはり具合も合わせてなんとも言えず。。。

ということで、私はワイルド系山羊革に取り付かれ、オークションを度々チェックすることになりました(笑)まあ、色々なお店でも売ってないこともないでしょうが、希少価値の有る方が嬉しいですしね^^
スポンサーサイト

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。