09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分離式長財布

2014.10.17 17:24|財布
DSC06169.jpg
DSC06179.jpg
DSC06185.jpg
DSC06186.jpg


寸法:約18.5×10×3cm(閉じたとき)
革:紺のバッファロー
糸:麻糸
特徴:小銭入れとカード入れが分離

これもこないだ紹介した鞄と一緒で2ヶ月ほど前の。。。^^;
実は、分離する長財布って、他にもあるんですよ。
何年か前に雑誌で見ました。ですが、これは盗作ではありませんよ!!雑誌で見かける1年前くらいに作ったことがあります。
学生のころはよく土方のバイトをしてたんですが、その頃に困ったことが、財布を持ち歩きにくい。せめて免許証と小銭入れだけでもと思ってたのですが、別に購入するのも億劫であれば、仕事の度に入れ替えるのもめんどくさい。

そんな体験から生み出された財布です。意外にも、たしか、まともに作れた財布では第1号です!
ええ、しょっぱなからおかしな作品です。ちゃんと初心を忘れずにいる自分に拍手です(笑)

ちなみに、雑誌で見たとき「まじか!?もしや俺のパクリ!?しかし、こんなやり方があったとは。。。くやしい(ノω・、)」と正直思いました。そして正直、そっちの方がスマートですね(笑)

DSC06174.jpg
DSC06175.jpg
DSC06178.jpg

分離した状態がこれで、しかもそれ同士がくっつくんです。
私の親友がこれを気に入ってまして、前のものがボロくなったんで、新たに御注文いただきました^^前のものといっても、例のしょっぱなの作品です。

実際あれから5年?以上は経ってますので、その頃のものと比べるとかなり腕が上がってますね。といっても、写真はないので、皆さんにお見せできないのが残念です。

どこが違うかというと
・コバ磨き
・厚さ調整
・精密度
・見た目

コバは。。。また時間あった時に紹介します。前に紹介した気もするんですが、覚えてないです^^;
厚さ調整ってのは、漉きが出来るようになったので、「ココは4枚重なるからこれとこれを漉いて、ここは2枚しかないから漉かなくてオッケー。あとここは薄すぎだから中になんか入れて。。。」ということです。大雑把ん説明ですいませんm(__)m

精密度は、その頃は1mmを大きく考えてませんでしたからね。その差です。
見た目は、上記のことの結果、見た目のクオリティが当初とは違っていたのがよく分かりました。

雑誌で見た時の衝撃が結構大きくて、あまりのスマートさにくやしくて、たまにそれ以上を考えたりしましたが、思いつきませんでした。。。
これはこれで高級感あっていいんですけどね。まあ、写真には写してませんが(笑)
というか、こんなソフトな革での長財布ほど難しいものはないです^^;

ではでは、またまたm(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。