09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正方形のバッグ

2010.10.29 01:43|
 いつ頃からか覚えてないのですが、デザインを考えている時にどうしても基準の形を考えてしまっていました。そこからいじって、こっちの方が見た目がいい、こっちの方がうけがいいかも、等々考えていて、ふと違和感が・・・。完璧のオリジナルとは言えない・・・。

 模倣がだめという訳ではないです。それをみっちりして基礎を固めるのはスポーツにしろ、武道にしろ、勉強にしろ、一番の上達方法だと思います。日本の思想にも『守・破・離』というのがありますし。
 違うというのは、うけが良くなるようにデザインしているのを、そう思いました。

 自分は小さい頃から漫画の絵を描くのが大好きで、なにかを写すのではなくて考えたものを描いてました。よく描いてたのはガンダムですが(笑)

 よし、そのやり方でデザイン考えていこう!と思ってできたのがこれです^^

DSCN1526.jpg
DSCN1527.jpg
DSCN1528.jpg

 頭にまず浮かんだのが、正方形でした。正方形を描いて、色々いじってたらこれができました。ステッチのは縫い始める時に思い立って試してみました。材料費が高いので、試す時はやはり躊躇してしまいますが、そこで必ず思い浮かぶ言葉が『一文惜しみの百知らず』(いろんな言い方があります。)
 目の前の小さな利をとったために、先の損の後に出てくる大きな得を逃す大損のこと。目先の損得にこだわることの愚、ということみたいですね。

 そうやって試してみても、制作途中ではうまくいってるかどうかわからず、全てが形になった時にどう思うかドキドキします。頭の中、写真の中のものと実際に見るのとでは、全然違うものが出来上がることが多々。

 そして今回はいつも通り雑な作りながら「よっしゃ!!」と思いました。
 しかししかし、あらためて写真でこう見るとたいしたものではない?と思ってきましたが、これを基本に手直し箇所を見つけて奇麗なのを作ったらよいことです!

 次はどんなものを作ろか、楽しみです^^
スポンサーサイト

テーマ:バッグ
ジャンル:ファッション・ブランド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。