09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

プロフィール

ダイ

Author:ダイ
手縫家一圭の作り手:ダイ

革細工のきっかけ:
歳相応の革の鞄を探していたが欲しいものが見つからず、いっそのこと作ってやろうと、そんなこんなで今に至る。しかし、始めてから4年になるが、いまだに欲しい鞄が作れていない(笑)
基本的に和風が好きで、模様や絵ではなく、形や雰囲気で和を出すことを目標にしている。

趣味:読書

悩み:極度の雨男。軒から出ると雨が降り、戻るとやみ、また出ると降り、戻ってやむ、ということが実際にあったほど。イベントにたまに一緒に行く友人がいるのだが、こいつも雨男。二人が揃うと、自然に雨を前提とした計画になる(笑)
イベント仲間に
『あれ?一圭さんがいるのに雨が降ってない。』
と言われたことがある(ノω・、)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

生徒さんの作品4

2013.10.16 01:39|教室
めっきり寒くなりましたが、皆様お元気ですか?

いやいや、前回の紹介からすっかり時があいてしまって申し訳有りません。
早速ご紹介したいと思います。

P7271687.jpg
P7271690.jpg
P7271691.jpg

これは前回、エイの鞄を作った方の作品です。教室で作ってるのと別に家出ももう一個作ったそうです^^
前も言ったかもしれませんが、財布は一度作ると皆さんやる気がなくなるそうなんです。この方も例に漏れず、確かこれが2個目くらいかと。。。

それが二個目でこれとは、嫉妬を隠しきれませんね(笑)

この生徒さんが言うには、確かに財布は難しいが、これを作り出すと1ミリの誤差を気にするようになるから良い!のだそうです。
その通りだと思います。革細工を始めて、1ミリの大きさを実感することはそうないと思いました。私の場合はゼロコンマ以下です。実際、ミリでは誤差が大きすぎます。

う〜ん、最近教室が回数少ないのですが、今度は何を作ってるのでしょうか^^
眠いのでここらで失礼します
m(__)m
スポンサーサイト

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用

生徒さんの作品3

2013.10.01 21:17|教室
P5191564.jpg

これは前回紹介しました、

P2160153.jpg

これを作った生徒さんの二つ目の作品です。
二つ目で、、、これ?いやいやいやいや、うますぎでしょう^^;
細かいところを注意して作れば出来ないこともないのですが、まずこの鞄を二つ目に選ぶ人はそういないです。

この方、結構精力的に作っていらっしゃいます。今は二つ折りの財布を作っているようですが、さすがに財布は苦い顔です(笑)
財布を何人かの生徒さんが作ったことがあるのですが、皆さん財布一個目でギブアップです^^;
私は財布を作るのは好きですよ^^小さいのにこまごまとしてて面白いです♪

というところで、次回は財布です。

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用

教室の作品2

2013.09.30 22:04|教室
P5191562.jpg
P5191563.jpg

この鞄は、教室を始めたときからいらっしゃる生徒さんの作品です。いつからか、かなりの量を作るようになりました。教室で作るものと、家で自分で図面を作って作るものもあり、さらには、教室で作ったものを家でもう一個作っているという熱心さには脱帽です。

そして去年あたりからこの方の中での流行が、スティングレイ、つまりエイの革です。これをつかった鞄の第一号がこちら。

実は第二号、第三号が有ります(笑)

それはまた次回^^

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用

教室。。。

2013.09.29 23:11|教室
最近、小物ばっかり作っていて紹介する作品が有りません。
ですので、今日からちょこちょこ、撮り貯めしていた生徒さんの作品を。。。

P2160153.jpg
P3021270.jpg

両方とも、去年の末から始められている方の作品です。
それぞれ作ったのは違う人です。

二人一緒に入ってこられまして、できたのがこのバッグです。
私の中では初心者が一番作りやすく、使用頻度が高いバッグだと思いましたので、バッグを作りたいと言われるとこれをお勧めしてます。

私の作品の特徴も出ていますしね^^
今は革の教室は結構あるみたいですが、やはり教える先生の好みによって出来上がるものが違うと思います。
普通は教室というと、曜日と時間が一定で決まっていて、作品はみんな同じものを作るというのが基本みたいですが、わたしのところは、私の都合上、まったく違います。

仕事がありますので、教室は休日にしか出来ず、そのうえ、その休日で私の出店イベントがないところ、ということになりますので、結構ランダムです。

ですので、皆さんが来れる回数というのがまちまちなのと、もともと革細工を始めたのは自分の欲しいものを作るためというのもあって、うちでは皆さんに作りたいものの写真や絵、もしくは案を見せていただき、それを図面に起こしてます。

本当、皆さん色々作ってますよ^^

追伸
これ、またあとで書こうと思って、途中で下書きとして保存したはずが、なんの間違いか中途半端な文章でアップされておりました(笑)お見苦しいところをおみせしましたm(__)m

久々の教室記事

2013.04.01 19:17|教室
今日は久々の教室の記事です。
最近偶然に偶然が重なってか、人数が増えたもので毎回ドキドキです。なぜって?あまり人数が多いと私にはさばききれないので、その日その日に何人くるかが怖いのです^^;

普通教室と言えば、一つの作品を皆で一緒に作るのでしょうが、その題材を考えるのもあれですし、どうせなら自分の欲しい物を作ってほしいので、私の教室ではそれぞれまったく違ったものを作っています。
私がするのは、簡単な写真や絵と、本人が決めた寸法から型紙図案を作って、行程や技術をアドバイスしています。
アドバイスすると言うのがどうにも困難で、それぞれ作品が違うものですから一週間後にはさっぱり忘れていることなんてザラです。図面があれば思い出せるのですが、図面を無くされていたり、その上期間がかなり空いた時なんてどうしたものか。。。^^;

目標は、図面からなにから全て一人で作れるようになっていただく、そして卒業。。。とはならないんですよね。生徒さん同士で、月に何回かの集会所もかねているところが有りますし(笑)

まあ、なんだかんだでもう5年くらいでしょうか。とてもつたないところがありますが、長い間お気にかけて下さり、ありがたいものですm(__)m

さてさて、今日の本題の作品紹介です。


P2160145.jpg
P2160143.jpg

これは私の教室でただ一人の男性の生徒さんが作ったものです。といっても、ちょこちょこっとアドバイスしただけで、あとはほとんどご自分で制作されたので、いったい私は何のためにいるのか。。。

1月くらいから始めたのですが、短期間の間にナイフケースとこの作品を作ってます。
この写真は2月中旬の写真です。
いやあ、私とは作風が異なるので、私にもとても勉強になりますし、面白いです^^
次はどんなものを製作なさるのでしょうか。。。

テーマ:★レザークラフト★
ジャンル:趣味・実用